セミナー・研修&ローカライズ | ソフトウェア開発のギークフィード

セミナー・研修 & ローカライズ

セミナー開催実績

①Linux/ネットワーク研修
講義回数:全14回
講義日程:週1回又は週2回※曜日と時間は別途お打ち合わせにより調整可能
講義時間:1時間~3時間/回
事前予習:1時間~2時間
対   象:プログラマー、SE、システム提案営業の方々
講   師:システムの企画・開発・運用・営業・サポート全ての工程への熟練した経験を持つエンジニアを招聘
②MBA流マーケティングセミナー
テ ー マ:管理者向けマーケティング・財務会計研修
対   象:起業で管理職の方、財務担当の方
講   師:国内MBAを取得し、かつマーケティング・財務 スペシャリスト招聘
③Asterisk勉強会
テ ー マ:VPSでIP電話サーバーを動かす
対   象:Asterisk 初心者~中級者
講   師:FtOCCを取得し、電話スペシャリスト 濱田太郎

翻訳/海外製品のローカライズ

ローカライズとは、ある国を対象に作られた製品を、外国でも使用できるように、外国語に対応させることです。
例えば、アメリカのソフトウェアを日本でも使用できるように日本語に翻訳することです。

ギークフィードでは、アメリカ、中国をはじめとした海外との取引実績豊富なメンバーが在籍し、海外製品のローカライズも行っております。ITの知識を持ち海外ビジネス経験を持つ、母国語が英語/中国語のメンバーが在籍するため、ハイレベルなローカライズが可能です。

事例紹介

■IT製品のローカライズ

事例 技術要素 概要
海外製PBXのローカライズ 英→日 英語と日本語だけでなくIT用語、コールセンターシステム用語、phpの編集という要素も必要なローカライズを受託
海外製チケット管理システムローカライズ 英→日 同上
FE071
20481_opt

■契約書の翻訳

事例 技術要素 概要
某スマートフォンOS開発者向け規約 英→日 IT用語、某スマートフォンOS開発者向け規約、法務知識が必要な翻訳
仕様書・海外向け作業契約 日→英 某学術情報ネットワーク接続用アクセス回線に関する用語に加え、法務知識が必要な翻訳
海外から作業契約 英→日 IT用語に加え海外との取引上の契約、法務知識が必要な翻訳
ページトップへ