Rakuten Rapid APIでAPIを作って登録してみた | ソフトウェア開発のギークフィード

Rakuten Rapid APIでAPIを作って登録してみた

概要

前回Rakuten Rapid APIでAPIを実行してみました。

今回はAPIプロバイダーとしてAPIの登録をしてみました。

 

APIを登録してみる

APIを追加してみよう

Rakuten RapidAPIからAPIの追加を選択します。
結果こうなります。


この時点でAPIを追加するにはどうしたらよいですか?
と問い合わせしようと思いましたが、一からドキュメントを見てみます。

 

正しくはどこから登録する?

Rakuten Rapid APIの公式ドキュメント(Rapid APIの和訳)にも書いてありますが、APIの登録はMashape Marketplace(裏で動いているのはKong社開発のKongというAPI Gateway)で行います。Rakuten Rapid APIのアカウント登録が済んでいれば、Mashape Marketplaceのユーザ登録が済んでいたはず。

改めてAPIを作って登録してみた

事前準備

  • 公開できるAPIがあること

今回はAWSのLamda, API Gatewayで構成されるAPIを用意してみました。

  • Rakuten RapidAPIにユーザ登録していること

Mashape Marketplaceにログイン

以下のURLからログインします。ダッシュボードからAPIを追加してみましょう。

https://market.mashape.com/

エンドポイントの追加

エンドポイントURLなど必要箇所を入力すれば追加は完了です。すぐにAPIのテスト実行も可能で、パラメータの指定もできます。

各種設定

 General

APIの名前やタグを設定できます。

Network

KongにAPIを利用することで、ユーザとAPIプラットフォームとの間にKongのAPI Gatewayが挟まります。

ユーザから見えるホストがXXXXX.mashape.comとなり、XXXXXがカスタマイズ可能です。裏でAWSで動いているとは分からなくなります。

Transformations

APIkeyをKongから指定できます。今回作ったAPIはAWSで指定していたので、割愛します。

Pricingの設定

APIプロバイダとして、利用してもえればインセンティブが入ります。利用回数に応じた利用料設定が可能です。

その他注意点

rapidAPIがアクセスしてくるIP一覧は以下の通りです。FWの指定などあれば開けておきましょう。
https://docs.rapidapi.com/docs/firewall-ip-security

 

まとめ

Rakuten Rapid APIでAPIの公開と販売もできます。とは言え、登録するのはKongというAPI Gateway。

また、Rapid APIもKongもAPIの実行環境を用意しているわけではありません。実行時の負荷は自分達で考慮しなければなりません。
とは言え、KongはAWSをはじめとしたクラウドプラットフォームとも親和性が高い作りになっている印象を受けました。

登録したAPIはRakuten RapidAPIからも同様に実行できました。

君島翔

エンジニア

Leave a reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップへ