Vue.jsで構成するシングルページアプリケーション(SPA)の作り方やサンプル例【前編】 | ソフトウェア開発のギークフィード

Vue.jsで構成するシングルページアプリケーション(SPA)の作り方やサンプル例【前編】

こんにちは。

 

ギークフィードに入社してはや半年が経ちました。

エンジニアのNkawaKです。初めてのブログ投稿になります。

 

この記事では僕がVue.jsで作ったサンプルを参考にしながら、

シングルページアプリケーション(SPA)とVue.jsについて解説をしていきます。

 

かなり解説することが多くなってしまったので、前編と後編に分けています。

こちらの前編では、シングルページアプリケーションの構成と画面遷移に焦点を当てて、

解説を行います。

 

シングルページアプリケーションとは

シングルページアプリケーション(以下SPA)とはその名前の通り、

単一のページでコンテンツの切り替えを行うWebアプリケーションの名称です。

 

単一のページで構成されているため、ページ遷移の度にロードが発生することなく、

高速で画面が切り替わることがSPAの特徴です。

 

実際に画面を見ながらSPAの動きを確認してみましょう。こちらのサンプルをご覧ください。

 

このアプリではWebページはpublic配下のindex.htmlだけですが、

トップページに名前を入力してボタンを押すと、

ロードを挟まずに高速で画面が切り替わっているのが分かります。

このような動きをSPAは、コンポーネントと呼ばれる構成要素を切り替えることで実現しています。

このアプリのソースにある拡張子が.vueになっているものがコンポーネントです。

例えばcomponentsディレクトリにあるTop.vueを見てみましょう。

 

 

このファイルは大きく分けてtemplateとscriptという2つの構成になっています。

templateがHTMLのDOM要素を、scriptが関数を使った画面の挙動をそれぞれ定義しています。

トップページではTop.vueのtemplate部分が表示され、

 

 

次のメモ帳ページではMemoForm.vueのtemplate部分が表示されています。

 

 

このようにSPAではwebページ全体を読み込むことなく、webページの一部を構成するコンポーネントのみを切り替えるため、高速にページ遷移を行うことが可能となっています。

 

Vue.jsを使ってコンポーネントを作成する

コンポーネントはAngular.jsやReact、Vue.jsなどのJavaScriptフレームワークを使って作成します。今回はVue.jsを使ってアプリを作成しているので、Vue.jsによるコンポーネントの作り方を解説していきます。

 

SPAを構築するために、まずはルートコンポーネントをwebページに適用する必要があります。

main.jsをご覧ください。

main.jsの1行目でVue.jsを、4行目でルートコンポーネントにあたるApp.vueをインポートしています。

2行目と3行目ではVueRouterとVuexというコアライブラリのモジュールをインポートしています。

これらについては後ほど解説します。

 

6行目以降からVueインスタンスを生成しています。

 

 

7行目のel: “#app”は、Vueインスタンスが適用される範囲を示しており、index.htmlのid=”app”で囲まれている範囲でVue.jsの機能を使用することができます。

 

8行目と9行目はVueRouterとVuexのモジュールをインスタンスに含めています。

そして10行目では、インポートしたApp.vueをコンポーネントとして登録しています。

11行目のtemplateでは登録したApp.vueを<App/>という新しいDOMの要素として、使用することを宣言しています。

 

実際のHTMLでは以下のようにイメージすると分かりやすいと思います。

 

 

main.jsでインポートしたApp.vueが<App/>という要素として、el: “#app”の範囲に差し込まれて、

App.vueのtemplate部分が展開されるという流れになっています。

 

VueRouterによる画面遷移

それではルートコンポーネントにあたるApp.vueの中身を確認してみましょう。

 

 

なにやら見慣れない<router-view>という要素がありますね。

これは今回使用したVueRouterというライブラリが提供している機能の一つで、

パスに合わせたコンポーネントが<router-view>の部分に描画されます。

 

今回の例では、”/”でTop.vueを表示し、”/memo”ではMemoForm.vueが表示されます。

<router-view>に表示するコンポーネントはrouter.jsで設定しています。

 

 

1行目ではVue.jsを、2行目ではVueRouter、3行目と4行目ではパスに設定するTop.vueとMemoForm.vueをインポートしています。

 

5行目ではVuexのモジュールをインポートしています。

今回の例ではユーザー情報の管理にVuexを使用しています。

SPAの開発において、こちらも重要な部分なので後ほど詳しく解説したいと思います。

 

7行目のVue.use(VueRouter)は、Vue.js用に作られたライブラリを使用する際に記述する関数です。

 

9行目から25行目までの部分ではアプリのパスを、配列で定義しています。

{ path: “/”, component: Top }のように、パスとコンポーネントをセットでJSONに含める必要があります。

 

また、17行目のbeforeEnter(to, from, next)という関数で、パスのページにアクセスする前の処理を行うこともできます。今回ではstore(Vuexのモジュール)で管理しているユーザー情報の名前が空の場合に、トップページへ戻す処理を挟んでいます。

 

例えば、トップページの名前の欄を入力せずに、/memoのパスにアクセスしようとした際には、強制的にトップページへ戻されます。

 

27行目から30行目の部分で、routerという定数にVueRouterのインスタンスを代入しています。

VueRouterのインスタンスに先程確認したパスの配列を含めることで、ルーティングとして機能するようになります。

 

27行目のmode: “history”を書くことで本来のURLの形式で、ルーティングが行われます。

この部分を省くと/#/や/memo#/のように、ハッシュがパスに含まれるようになります。

 

最後の行でVueRouterのインスタンスが含まれたrouterをエクスポートして、

めでたくこのアプリケーション全体でVueRouterの機能を使用することができるようになりました。

 

 

ちなみにVueRouterを使ったリンクは次のように書きます。

 

 

<RouterLink>というタグで囲って、遷移先のパスをtoで指定すれば、リンクとして機能するようになります。リンクがクリックされたら、パスに指定したコンポーネントに切り替わります。

 

まとめ

  • シングルページアプリケーションは単一のページに、コンポーネントというパーツを組み合わせ作られている
  • コンポーネントは<template>というタグの中にhtmlのコードを書いて、拡張子をvueにすれば作れる
  • VueRouterというライブラリを使って、パスにコンポーネントを設定すれば、コンポーネントを切り替える、高速な画面遷移を行えるようになる

 

今回の解説は以上になります。次回はVue.jsの文法とVuexというライブラリについて解説します。

ここまで長らくお読みいただきありがとうございました。

後編もよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

【求人】私たちと一緒に働きませんか?

採用情報
ページトップへ