MacBookのパフォーマンスとバッテリーの関係 | ソフトウェア開発のギークフィード

MacBookのパフォーマンスとバッテリーの関係

この記事は、前回記事からの続きになります。
前回は型番不明のMacBook Proをバッテリー以外修理するところまでやりました。
前回の記事を読まれていない場合は、以下のリンクから読んでください。

型番不明のジャンクMacBook Proを修理してみた

PCの起動とOSの実行が前回まででできたわけですが・・・。
この時点では、バッテリーはついていますが完全に壊れています。

さて、ジャンクで買ったMacBook Pro。
やっぱり気になるのはパフォーマンスです。
2013年の製品なので、果たして実用に耐えうるのだろうか・・・?

まずはベンチマークソフトでCPUとグラフィックの性能を測定してみましょう。


とりあえずベンチマーク測定

今回使用したベンチマークソフトは
CINEBENCHGeekbenchです。

どちらも定番のベンチマークソフトです。
ドラクエXのベンチマークもやりたかったのですが、残念ながらMacOSに対応していませんでした。
まずはCINEBENCHの結果。

cb_before

続いてGeekbenchの結果です。

gb_before

めちゃくちゃ低い!
確かにMac OS Mojaveを使っていて、若干カクつく時があります。

一応Mojaveに対応しているモデルのMacBook Proのはずですが。。
ネットで同モデルのベンチマークを調べてみました。

gb_normal

上画像の詳細はこちら
2.5倍くらいちがいますやん・・・。
なんでだ?

ちょっと重いくらいで異常はどこにもない。
電源アダプターつけて起動しているから電力供給も問題ないしな。。

と思っていたときにこんな記事を見つけました!

MacBook / MaBook Pro、バッテリー抜きAC駆動では40%低速

10年以上前の記事ですが、OSの機能で実装されているのであれば変わっていなさそう。
ベンチマーク中のCPUの状態を見てみましょう。

スクリーンショット 2019-02-22 10.29.44

Intel® Power Gadgetというアプリケーションを使ってみました。
左側の上から2番目の「GHZ」の項目、1.20で一定で止まっています。

つまりCPUが1.2GHzしか出ていない!

搭載しているCPUのスペックは、
Intel Core i7-3840QM 2.8GHz(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
なので、CPUの異常でなければおかしい数値ですね。

Intel® Power Gadgetのその他の数値も一定の値で頭打ちになっているので、おそらく制限がかかっていると予想できます。

というわけで早速バッテリーを買って調べてみます。


バッテリーを交換する

バッテリーもヤフオクで購入しました。
7000円(送料別)
互換品も数種類ありますが、大して金額変わらないので、純正のものを購入しました。

IMG_20190227_132522

まずは中途半端に壊れたバッテリーを外すところから始めます。

IMG_20190220_084637

バッテリーの裏は接着剤でかなり強めに本体フレームに固着しています。
丁寧なやり方だとロジックボードまで分解して、接着剤を溶解する液体などを使いますが、面倒なので針金を隙間に入れて無理くり剥がすやり方をしました。

IMG_20190220_084647

こんな感じでベリッととれます。

IMG_20190220_090032

外したバッテリーがこちら。
どうしてこんなことになってしまったの。。
このあとは新品のバッテリーをつけて完成です。
(写真をとり忘れました)


ベンチマーク測定 with バッテリー

バッテリーを付けたところで再度ベンチマーク測定を行います。
まずはCINEBENCHから。

cb_after

続いてGeekbench。

gb_after

おおお!上がってる!
そして想定していたくらいの数値がでています。

ベンチマーク時のCPUの状態も見てみましょう。

スクリーンショット 2019-02-27 13.58.16

バッテリー交換前とは違い、ちゃんとTurbo Boostも機能しています。
これにて修理完全終了です。
やったー!


まとめ

あんまりこんな状況になる人はいないと思いますが、

MacBook, Macbook Proはバッテリーなしではパフォーマンスが著しく落ちる!

という結果となります。
これは省電力モードなどの設定変更で解除できるものではなさそうです。
もし同じような状況になった人はバッテリーをつけましょう。

最後に今回で使った全費用の紹介です。

・MacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)ジャンク
→7,580円

・ボトムケース
→2,980円

・バッテリー
→7,000円

・電源アダプター
→5,000円

合計 22,560円(+送料)

かなり安くMacBook Proを手に入れることができました。
今後も機会があればジャンクPCに手を出して行きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
アバター
ippei
元ポーカープレイヤー 現ギークフィードエンジニア兼慶應大学生 AWS SAA ガジェット好き
アバター
ippei (全て見る)

【求人】私たちと一緒に働きませんか?

採用情報
ページトップへ