XCALLYで実現できるオートコール機能とは | ソフトウェア開発のギークフィード

XCALLYで実現できるオートコール機能とは

XCALLYで出来るオートコール

ギークフィードで提供しているXCALLY(エックスコーリー)は、オムニチャネルであり、かつコンタクトセンターで利用するVoice機能でも多くの機能を有しています。

特徴的な機能の1つとして、Motion Bull(モーションブル)というオートコール機能です。

オートコールのストラテジー

オートコール自体の説明は割愛させていただきますが、
以下のストラテジーをXCALLYは実現できます。

ストラテジー名詳細
プログレッシブダイヤルエージェントが使用可能になり、呼び出しの数が使用可能なエージェントの数と等しい場合にのみ、呼び出しが生成されます。
プレディレクティブダイヤルここで、生成されたコールの数は、コールがダイヤラを通過した時点で利用可能になるエージェント数の予測と、着信側に到達した場合の推定成功率に基づいています。
パワーダイヤルプログレッシブダイヤラまたは予測ダイヤラとは異なり、手動で設定されたコールとエージェントの比率が使用されます。
プレビュダイヤルダイヤラーは、コールリストから顧客レコードを選択し、エージェントにこのコールを提案し、それを受け入れてコールを開始または拒否することができます。

オートコール活用によるコンタクトセンターの効率化

今日では、アウトバウンドサービスは劇的に変わりました。一般に、通話はよりターゲットを絞った使いやすいものになり、エンドユーザーは迷惑電話を受け取らないようにするためにDo-Not-Callリストに登録することができます。

また、着信側が相手を待たされる最大時間に関する規制があります。
たとえば、アウトバウンドキャンペーンは、次のように使用されます。予定や支払いの通知、注文状況の通知、有用なアップセルオファーなど。さらに、ターゲットアウトバウンドコールは、予防的通知の役割を果たし、その結果、インバウンドコール数を削減できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
アバター
吉田剛
主に開発のプロジェクト管理や新規事業の立ち上げを行う。 現在はXCALLY(エックスコーリー)の拡販に力入れてます。
アバター
吉田剛 (全て見る)

【求人】私たちと一緒に働きませんか?

採用情報
ページトップへ